ラス・メドゥラス



ラス・メドゥラス

スペイン北部のレオン県にあるポンフェラーダの近郊に広がるラス・メドゥラスは、帝政ローマ時代に最盛期を迎えた金鉱山の跡地からなる世界遺産です。ラス・メドゥラスの金鉱の枯渇がローマ帝国滅亡の一因であるといわれるほど、歴史的にも重要な役割を果たした。

この地の金鉱脈は、紀元前25年頃にローマ初代皇帝アウグストゥスによりこの地が古代ローマ帝国に征服されて以降、本格的な採掘がはじまりました。ラス・メドゥラスのダイナミックな景観は、ローマ人の水道建造技術を応用した特殊な採掘技術がもたらしたもの。ローマ人たちはより効率よく金を採取するために、水の力を使って山を崩して土砂と一緒に金を押し流して採取する、ルイナ・モンティウム「=山崩し」と呼ばれる方法で、もともとは平坦であったこの地の地形を、複雑な物に変えていったのです。

ローマ人が去った後に残ったのは、枯渇して荒れ果てた山と、労働者の食料として植えられた栗の林のみで、その景観からは盛者必衰の理を偲ぶことができます。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す