©www.sweden.org.za

ラポニアンエリア



ラポニアンエリア

ラポニアンエリアはスウェーデンにある世界遺産で、スウェーデン、ロシア、ノルウェー、フィンランドの4カ国にまたがる地域『ラップランド』の中の、スウェーデン北部にある山岳地帯をラポニアンエリアと言います。

5000年前から、伝統的にトナカイと暮らす先住民の居住する地域です。彼らは夏にはトナカイを山で放牧し、冬には東の針葉樹林へ移牧して暮らしてきました。ラポニアンエリアは4つの国立公園と、2つの国立自然保護区でそのほとんどを構成しています。ラポニアンエリアは、最低気温は−40℃を超える極寒の地でもあります。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す