ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)|ベルギー 文化遺産|世界遺産オンラインガイド

ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)

ベルギーのエノー州にあるラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺は1998年にユネスコの世界遺産に登録されました。サントル運河にはムーズ川とエスコー川のそれぞれのドックを連絡している 7 km の間に、66.2mの落差が存在しています。この落差を埋めるために1888年に開設されたのが、Houdeng-Goegniesのリフトでした。その後1917年に残り3カ所のHoudeng-Aimeries、Strépy-Bracquegnies、Thieuのリフトも建設されています。

水力式の船舶昇降機、ボートリフトのエレベーターとなっており、一方が下がるともう一方が上がるようなしくみで作られています。こうしたリフトは19世紀末葉から20世紀初頭にかけて8基建造されましたが、世界遺産に登録された4基は、建造当時のままで稼動しているものが対象となっています。

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産