クフナ・ウルゲンチ



クフナ・ウルゲンチ

クフナ・ウルゲンチは、旧ウルゲンチとも訳されるトルクメニスタン北東部の都市です。人口は約3万人であり、ウズベキスタンとの国境線に位置します。2005年に世界遺産に登録されました。

新ウルゲンチと呼ばれる現在のウルゲンチは、ウズベキスタンの都市となっています。12世紀には、ホラズム・シャー朝の首都として機能しています。

かつて、クフナ・ウルゲンチは、アムダリヤ川沿岸にあり、シルクロードにおける最大の都市で、12世紀から13世紀初頭にかけてがクフナ・ウルゲンチの黄金時代でした。

クフナ・ウルゲンチは、チンギスによる虐殺の後に復興を見せることとなるが、1370年代には、アムダリヤ川の流れが北に変わったことにより、自然による都市の破壊が始まりました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す