世界遺産 クックの初期農業遺跡

©Life Beyond Tourism

クックの初期農業遺跡

クックの初期農業遺跡

クックの初期農業遺跡はパプアニューギニアにある世界遺産で、海抜1500mの高地の湿地に位置しています。
パプアニューギニア初の世界遺産であり、7000~1万年前から耕作が行われていたことが証明されました。

約6500年前に植物を栽培し、農業へと発展させたことを示す植物化石などが保存されています。

関連記事

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産