コンソの文化的景観



コンソの文化的景観

エチオピアの南部には、コンソ地域と呼ばれる一帯がありますが、同時に、この地域には、独特の環境において生き抜いていくために、知恵を駆使し、多彩な工夫を行いながら、長きにわたって、この地に根付いた生活を続けている人々が存在しています。

そのため、コンソ地域では、周囲の自然環境に対応する必要性から、村や家屋の構造に特徴がみられると言われています。それに加えて、独特の風習・文化に則った営みも造り上げてきたため、非常に特徴的な生活形態を築き上げてきてもいます。そもそも、このコンソという言葉は、単なる地域の名前であることのみに留まらず、この地域に住まう民族集団の事も指していると言われています。

こうした、コンソ地域におけるコミュニティの暮らしぶりや、それによって形成された文化的景観などが、文化遺産としての価値を認められ、2011年に「コンソの文化的景観」として世界遺産に登録されました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す