高句麗前期の都城と古墳



高句麗前期の都城と古墳

中国の遼寧省・吉林省に該当する地域には、かつて栄えた高句麗時代の物と考えられている遺跡が残されています。これら、現在まで残されている遺跡の数々は、高句麗前期の都城と古墳として、2004年に世界遺産として登録されました。この年、北朝鮮の高句麗古墳群も同時に登録されました。

高句麗は紀元前の末期に興った国で、現在の中国に属する範囲のみならず、朝鮮半島においても大きな影響力を持っていたことで知られています。

高句麗前期の都城と古墳として登録されている世界遺産の範囲には、遼寧省にある「五女山城(ごじょさんじょう)」や、吉林省にある「丸都山城(がんとさんじょう)」、「国内城」などの各城郭や、同時代に造られた複数の墳墓が含まれています。
朝鮮半島および中国の歴史を考える上で、これらの高句麗時代の遺跡は貴重な物となっておりますが、それに加えて、古墳内の壁画は、芸術・文化的側面からも貴重な資料となっていると言われています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す