クラドルビ・ナト・ラベムの儀礼用馬車馬の繁殖・訓練の景観

クラドルビ・ナト・ラベムの儀礼用馬車馬の繁殖・訓練の景観

2019年アゼルバイジャンの首都バクーで開催された第43回世界遺産委員会において、チェコの「クラドルビ・ナト・ラベムの儀礼用馬車馬の繁殖・訓練の景観」が世界文化遺産として登録されました。

チェコのクラドルビ・ナト・ラベムは、かつてハプスブルク家が儀式に用いた馬「クラドルーバー種」の産地としてています。

関連ツイート

https://twitter.com/UNESCO/status/1147493303966982149

関連動画

キーワード

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産