紀伊山地の霊場と参詣道



紀伊山地の霊場と参詣道は2004年7月に登録された世界遺産。紀伊山地は三重県、奈良県、和歌山県をまたいでおり、最高峰は八経ヶ岳です。山岳仏教や熊野信仰、仏教や山岳仏教に加えて密教などが習合した修験道が栄えました。

紀伊山地の霊場と参詣道はそれぞれ文化的景観として高く評価されています。参詣道が世界遺産として認定されたのは、巡礼道で知られる「サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路」に続き2件目となりました。

この文化的景観を保存していくためには、文化財と同じような対策ではなく、周辺の景観、自然そのものを維持していかなければなりません。

紀伊山地の霊場

紀伊山地の参詣道は、奈良県・和歌山県・三重県にまたがっています。3つの参詣道とは、 大峯奥駈道(おおみねおくがけみち) 熊野参詣道 高野山町石道(こうやさんちょういしみち) を指します。

紀伊山地の参詣道

世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道

©World Heritage Kumano Kodo Iseji

紀伊山地の霊場は、三重、奈良、和歌山の3つの県にまたがる紀伊山地にあります。霊場は、高野山、熊野三山、吉野・大峯(おおみね)の3つに分かれていて、そこに至る参詣道があります。これらは、日本の神道と大陸から伝来した仏教との融合によって生まれました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す