カジランガ国立公園



カジランガ国立公園

カジランガ国立公園は、インド・アッサム州にある世界遺産です。カジランガ国立公園は、保護されている地区の中では、最もトラの居住密度が高く、2006年に、トラの保存計画であるプロジェクト・タイガーの参加を宣言しました。

他のインドの国立公園と比較して、カジランガ国立公園は、野生生物の保護に成功している国立公園であるということが出来ます。エレファント・グラスが広範囲で自生しており、カジランガの湿地帯には、熱帯性の広葉樹林が広がり、ブラマプトラ川を含む4本の河川が交錯します。

また、ベンガル語でジールスと呼ばれる湿地帯に出来る池が複数存在しています。2005年には、開園100年を迎え、自然が豊かであることから、複数の書物、歌、ドキュメンタリーが多く作成されています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す