カザン・クレムリンの歴史的・建築的複合体



カザン・クレムリンの歴史的・建築的複合体

カザン・クレムリンの歴史的・建築的複合体は、ロシア・タタールスタン共和国の首都カザンにあります。ロシア語で城塞を意味するクレムリンは、クレムリが正しいそうです。
カザンに最初に城塞が建設されたのは、11世紀の初めのことでした。15世紀にはカザン・ハン国の首都となり、クル=シャーリフ・モスクが建設されます。1552年のイワン雷帝の侵攻で、市街地は徹底的に破壊されました。スュユンビケ塔以外の城塞酷い被害で、クル=シャーリフ・モスクも破壊されたのです。

その後城塞跡にクレムリンが建設されます。ブラゴヴェシェンスキー大聖堂が建設されたのもこのころです。17世紀のピョートル1世の改革で、カザン・クレムリンはカザン県(グベルニヤ)知事公邸となります。同時に多くの建物や城壁が建設され現在のカザン・クレムリンの原型が形作られました。
建築的、歴史的な文化遺産であり、イスラム教徒ロシア正教が平和に共存している面が評価され、2000年に世界遺産に登録されました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す