聖地キャンディ



聖地キャンディ

聖地キャンディはシンハラ人によるキャンディ王国の最後の都であり、現在でもスリランカ中部における中心的な都市となっています。16世紀後半まで続いたシンハラ朝は1815年、この地がイギリスの植民地となったことでシンハリ朝は滅亡しますが、王権の象徴だった仏陀の犬歯は仏歯寺に残され、今もなおあつい信仰の対象となっています。

4世紀に、インドの女王がこの国に嫁いだ時にもたらされたという仏歯はスリランカの王権の象徴となり、仏歯をめぐって戦争も起こるほど、スリランカの歴史とは切っても切れない遺産となっています。

エサラ月にあたる7月の満月を頂点とする時期に行われるエサラ・ペラヘラ祭では、仏歯が象の背中に乗せられて、神々の象徴である武器と共に町中を練り歩きます。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す