カカドゥ国立公園

©Herald Sun

カカドゥ国立公園

カカドゥ国立公園

カカドゥ国立公園はオーストラリア北部の都市ダーウィンの東方にある世界遺産。オーストラリアで最初に登録された世界遺産として知られています。カカドゥ国立公園の総面積は約2万km2と広大で、日本で言うと、四国の面積とほぼ等しい大きさになります。

アボリジニのX線描法

カカドゥ国立公園には先史時代から先住民族アボリジニの居住地域で、内陸部の岩場には『X線描法』という手法で描かれた、アボリジニ独特の岩面画が残されています。

関連記事

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産