朝鮮王陵



朝鮮王陵

朝鮮王陵は、韓国と北朝鮮にある朝鮮王朝時代の歴代王族の王陵です。朝鮮王陵は、1408年から1966年のおよそ5世紀にわたって造られました。

2009年6月27日に韓国が申請した朝鮮王陵40基がユネスコにより世界遺産として登録され、韓国で世界遺産として登録されたものとしては9番目となっています。

なお李氏朝鮮の王陵には、現在の北朝鮮にある穆祖、翼祖、度祖、桓祖とその妃の陵墓も含まれます。北朝鮮にも神懿王后の斉陵と定宗・定安王后の厚陵がありますが、これらは世界遺産に含まれていません。

王陵の所在地は李氏朝鮮の首都である漢陽を中心に郊外に点在しており、広州市、寧越郡、開城市等の他、全12の地域に分かれています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す