ジョギンズの化石の崖群



ジョギンズの化石の崖群

カナダのジョギンズの海岸沿いには、およそ3億1000万年前とも言われる、石炭紀の岩石が露出しており、その距離は15 km もあります。カンバーランド湾に押し寄せる潮の干満が、常に新しい壁面を露出させていることで、多くの貴重な化石が発見できるのです。

ここで発見された化石については、あのダーウィンの『種の起源』でも触れられているのだそうです。水中から次第に陸上へと、生存のエリアを広げてきた生物たちの化石によって、その進化の過程を知ることができるのです。こうしたことから、19世紀には、著名な地質学者が多数ここを訪れるようになりました。

このうち、代表的な地質学者ドーソンのコレクションの多くが、マギル大学のレッドパス博物館で展示されています。自然遺産として貴重であることから、2008年、ジョギンズの化石の崖群という名称で世界遺産に登録されました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す