イェリング墳墓群、ルーン文字石碑群と教会



イェリング墳墓群、ルーン文字石碑群と教会

イェリング墳墓群はデンマーク、ユトランド半島中部のイェリング近郊で発見された ルーン文字の刻まれた10世紀の石碑で知られる墳墓群です。ルーン文字とはゲルマン人がゲルマン諸語の表記に用いた古い文字体系のことです。

石碑はデンマークの国家の起源を示す貴重な文字資料です。1994年イェリング墳墓群、ルーン文字石碑群と教会として世界遺産に登録されました。

イェリングにある最も古い石碑は、デンマークの最初の王とされるゴーム老王とチューラ王妃について刻んだもので、 ゴーム老王とチューラ王妃のものより大きな石碑は、かれらの子であるハーラル青歯王の記念碑です。

ハーラル青歯王がデンマークとノルウェーを征服したこととデーン人のキリスト教への改宗を祝って建てられました。石碑は、イェリングの教会墓地にある二つのおおきな古墳の間に建てられています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す