イシマンガリソ湿地公園



イシマンガリソ湿地公園

南アフリカの世界遺産、イシマンガリソ湿地公園は、クワズール・ナタール州の東海岸にある自然保護区です。南アフリカでは3番目に大きな自然保護区で、面積は3280 km²の原生的な生態系の守られています。

公園は多くの自然保護区の集合体になっており、フォールス湾公園、セント・ルシア公園、ソドワナ湾国立公園、ニャラジ国有林など13の保護区が含まれます。「イシマンガリソ」とはズールー語で「驚異」を意味します。

広範囲に及ぶ背景から、海洋生態系には珊瑚礁が、東岸生態系には砂丘と失言が、湖群生態系には淡水湖が、湿原生態系にはアシやパピルスが広範囲に茂る湿地林が存在し、西岸生態系にはかつて海岸線だった段丘と乾燥したサバナの森林が広がっています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す