インドの山岳鉄道群



インドの山岳鉄道群は世界遺産の中でも珍しく、インドの山岳部を走る鉄道を対象にしている世界遺産。その対象は以下の3つ。

ダージリン・ヒマラヤ鉄道

中でも有名なダージリン・ヒマラヤ鉄道はインドの東北部に位置し紅茶で有名なダージリン地方を走る鉄道で、現地や英語圏の観光ガイドブック等ではダージリン・トイ・トレインという名で親しまれています。

▲目次に戻る

ニルギリ山岳鉄道

ダージリン・ヒマラヤ鉄道に続いて、2005年に世界遺産に追加登録されたニルギリ山岳鉄道。インド最南端のタミル・ナードゥ州の標高100mのメットゥパラヤムから標高2,200mまでウダカマンダラムまで約46kmの道のりを走ります。

▲目次に戻る

カールカー=シムラー鉄道

カールカー=シムラー鉄道はインド北部のヒマーチャル・ブランデーシュ州などを走る軌間762mmのナロゲージのトイトレインです。

▲目次に戻る

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す