独立記念館



独立記念館はアメリカのペンシルベニア州フィラデルフィアにあり、アメリカ独立宣言が行われたところです。1979年世界遺産に登録されました。

独立記念館の歴史

独立記念館は、1749年にペンシルベニア州の議事堂として造られました。

1776年7月4日に、建物の広間で、トーマス・ジェファーソンが起草したアメリカ独立宣言が採択され、「自由と平等の国家を作る」というこの宣言は人類史上でも大きな宣言とされ、アメリカ史上最も重要な日となったのです。以後、独立記念館と呼ばれるようになりました。

1787年にはアメリカ合衆国憲法がここで制定されています。

フィラデルフィアがアメリカ合衆国の首都となった1790年から1800年までは、アメリカ合衆国議会議事堂が置かれました。このとき、元老院が2階で代議院が1階におかれ、これが上院と下院の語源となりました。

独立記念館の建築物

1749年に完成した独立記念館の建物は、赤レンガ造りの2階建てです。上部にはドームや尖塔、鐘楼などがあります。この周辺は独立記念国立歴史公園とされ、アメリカ人にとっての聖地となっています。

自由の鐘

独立記念館の隣の展示館には、独立宣言に銘文が使用された「自由の鐘」が保管されています。独立宣言を読み上げたときに鳴らされたそうです。

自由の国・アメリカが始まったこの地は、ニューヨークからもそれほど遠くはありませんので、足を伸ばしてみるにはちょうど良いと思います。ジョージ・ワシントンの銅像の後ろに建つ独立記念館を目にすると、独立までの苦難の道のりの末に自由を勝ち取った人々の誇りが感じられるような気がしますよ。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す