ホラショヴィツェ歴史的集落保存地区



ホラショヴィツェ歴史的集落保存地区

ホラショヴィツェは、チェコ南部の村で、チェスケー・ブジェヨヴィツェ市から15キロ西のところにあります。南方には景観保護区域であるブランスキーの森があり、村は第二次世界大戦中にも中世の村落構造や南部ボヘミアの民俗的・農村的なバロック様式建造物群が無傷で済んだものの、戦後に放棄されました。

1990年から修復されて再び人が住むようになり、1998年にユネスコ世界遺産に登録されました。

ホラショヴィツェが最初に歴史に登場したのは1263年で、1292年、ボヘミア王ヴァーツラフ2世が村とそれに付随する物をシトー会派ヴィシー・ブロト修道院に寄進した。

1848年まで村は修道院の資産の一部でした。1520年から1525年、ホラショヴィツェはペストの大流行に見舞われ、生き残った住民はわずかに2人だったといいます。村の北端にあるペスト死者墓地に立つ円柱は、この出来事を記念する物です。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す