大ヒマラヤ国立公園



大ヒマラヤ国立公園

2014年に世界遺産に登録されたインドの大ヒマラヤ国立公園は、北部インドのヒマラヤ山脈の西側の、高山、山岳地方の牧草地、河川沿いの森林を含みます。

90,540haの遺産は、複数の河川の上流における山の氷雪の水源や、下流の数百万の人々に不可欠となっている水の供給のための集水域を含みます。大ヒマラヤ国立公園は、モンスーン影響下の森林やヒマラヤ山脈に接する部分の高山の草原を保護しているのです。

ヒマラヤ山脈の生物多様性のホットスポットの一部でもあり、数種類の危機に瀕した種を含む動物種の豊かな集住とともに、21の森林の型を含んでいます。このことは、遺産に対し、生物多様性の保護の傑出した重要性を与えています。ヒマラヤの名山、エベレストはネパールのサガルマータ国立公園に含まれています。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付できます。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す