ヒエラポリス・パムッカレ



ヒエラポリス・パムッカレはトルコにある世界遺産。トルコ語で「綿の宮殿」という意味で、ローマ皇帝も保養に来ていた温泉地である「パムッカレ」と、パムッカレの石灰華段丘の一番上にある遺跡の「ヒエラポリス遺跡」からなります。

パムッカレ

世界遺産【ヒエラポリス・パムッカレ】 (1) パムッカレは古代から温泉地として知られていたといわれています。その湯は、高さ100mに及ぶ台地の斜面を伝って流れ落ち、湯に含まれた石灰分が結晶して階段状の石灰棚を形成しました。

ヒエラポリス

世界遺産【ヒエラポリス・パムッカレ】 (2) 石灰棚近くの台地には、古代都市ヒエラポリスが広がっています。紀元前2世紀ペルガモン王国が建設し、後にローマ帝国に譲渡された街です。現在がローマ帝国のローマ劇場、ローマ浴場などが残っています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す