ハード島とマクドナルド諸島

ハード島とマクドナルド諸島

ハード島とマクドナルド諸島はインド洋に浮かぶ1997年に世界遺産に登録されたオーストラリアの無人島です。オーストラリア本土の南西に浮かぶこの島々は残念ながらその保護のため研究者のみがそのエリアへの立ち入りを許可されています。1800年代に島々が発見され1853年11月25日キャプテン・ジョン・ハードによる発見がハード島、1854年1月4日キャプテン・ウイリアム・マクドナルドによる発見がマクドナルド島と命名されました。
その後はアメリカ人によるアザラシ漁でさかえたが、1880年までに無人島となり保護の観点から禁漁地域に指定されています。ほかの大陸から隔離されているその環境から生物の進化や分化の過程の研究に適した場所として世界自然遺産に登録されました。島の表面が80%を氷河に覆われるという南極圏の気候に位置しながら、その地下では活発なマグマ活動があるとしてハード島は研究の対象になっています。

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産