ハワイ火山国立公園



ハワイ火山国立公園はハワイにある火山一帯を中心にした世界遺産。この公園はハワイ島の約3%にあたる324.4km²を占めています。

キラウエア火山

キラウエア火山はハワイ先住民の聖地でもあり、ハワイで1番の人気観光スポットといっても過言ではありません。キラウェア火山はなんと20年以上にわたって噴火をし続けています。また、世界で最も活発な火山であるにもかかわらず、最も安全に観察できる火山でもあります。

▲目次に戻る

チェーン・オブ・クレーターズ・ロード

チェーン・オブ・クレーターズ・ロードは、キラウエア・カルデラを囲むクレーター・リム・ドライブから南へ溶岩の間を海へ向かってくねくねと走る全長約30キロの道です。道路自体は舗装されており走りやすい道ですが、周囲は延々と溶岩の大地が連なっており、不思議な光景です。

▲目次に戻る

ジャガー博物館

ジャガー博物館はアメリカの地質学者でハワイ火山研究所を創設した、トーマス・A・ジャガーの名がつけられた博物館です。1985年に建てられました。館内にはジャガー博士の経歴や地震観測計など火山に関する観測機材や溶岩や噴石などが展示されています。

▲目次に戻る

キラウエア・イキ・クレーター

photo credit: Honeymoon via photopin (license)

photo credit: Honeymoon via photopin (license)

キラウエア・イキ・クレーターはキラウエア・カルデラの東側にある直径約1.6キロメートルのクレーターです。イキとはハワイ語で「小さい」という意味を表します。1959年に噴火し、沸き立つ溶岩が570メートルにも達したそうです。

▲目次に戻る

サーストン・ラバ・チューブ

サーストン・ラバ・チューブ|ハワイ火山国立公園サーストン・ラバ・チューブとは、クレーター・リム・ドライブの東端にある、ラバ・チューブと呼ばれる溶岩洞です。溶岩洞は溶岩が流れる際、外側が固まり始めても、内側がなお流れ続け、トンネルのような空洞になってしまったものをいいます。

▲目次に戻る

マウナ・ロア山

ラウエア火山のすぐ北に位置するマウナ・ロア山も一部がハワイ火山国立公園に含まれています。標高は4169メートルで高さはハワイ島で第2位の山ですが、大きさとしては世界一とも言われ、アメリカのシエラネバダ山脈がすっぽり入ってしまうほどの大きさがあります。

▲目次に戻る

キラウエア・ビジターセンター

ハワイ火山国立公園に来て真っ先に訪れたいのがビジターセンター。ここでは火山の活動状況や道路情報などを提供してくれます。センター内では25分間の火山のビデオ上映やハワイ島の自然の生態系やハワイ文化についてなどの展示もあります。

▲目次に戻る

 サルファー・バンクスとスチーム・ベント

キラウエア・ビジターセンターからサルファー・バンクス・トレイルを行くと、硫黄で黄色くなった岩の山が見られます。ここがサルファー・バンクス。また、ビジターセンターからクレーター・リム・ドライブを西へ1.2キロメートルほど行くと四角い柵をした穴がありますここがスチーム・ベント。

▲目次に戻る

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付できます。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す