グジャラート州パタンのラーニキ・ヴァヴ[女王の階段井戸]



グジャラート州パタンのラーニキ・ヴァヴ[女王の階段井戸]

インドのパタン郊外、北西部に位置する 7 層の壮大な階段井戸が、ラーニキ・ヴァヴ、別名女王の階段井戸です。発見当時、大きさ、彫刻モチーフの出来、保存状態の美しさで人びとを驚かせました。2014年、グジャラート州パタンのラーニキ・ヴァヴ[女王の階段井戸]という名称で世界遺産に登録されました。

パタンがグジャラートの都・アナニラパータカとして栄えた時の王ソランキー朝のビーマデヴァ 1 世の没後に、その慈善事業の 1 つとして王妃のウダヤマティが造ったもので、1050 年に造られた州最古のものでした。

ですが、数世紀にわたり積もったシルト(砂より小さく粘土より粗い砕屑物)で覆われていたため保護されつづけたため、保存状態が良くなっています。

このパタンのラーニキ・ヴァヴと別に近年グジャラートの「ラーニキ・ヴァヴ」も世界遺産候補となっています。その他、遺産登録には至っていませんが、アダラジ・ヴァヴなどインド各地で階段井戸を見ることができます。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す