ギマランイス歴史地区



ギマランイス歴史地区

ギマランイス歴史地区は、ポルトガル北部、ポルトの近くにある小さな町にあります。ギマランイスの名前の由来は、868年に最初のポルトゥカーレ伯領を築いた、英名ヴィマラ・ペレス伯爵です。

ギマランイスの歴史地区とは、ギマランイスの中心地区である旧市街のことで、ヴァイキングの襲撃から町と施設を護るべく、28mの高さの塔を持つギマランイス城と共に、2001年にユネスコ世界文化遺産に登録されています。

都市の中心部である旧市街は南北に約850メートル・東西に約250メートルの狭い区域であり、ポルトガル王国の建国後に建てられた歴史的建築物が並びます。

ギマランイス城の他には、

  • サン・ミゲル教会
  • ノッサ・セニョーラ・ダ・オリヴェイラ教会
  • アルベルト・サンパイオ美術館
  • ブラガンサ公爵館
  • サンタ・マリーニャ・ダ・コスタ修道院

などがあります。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す