グレート・スモーキー山脈国立公園



グレート・スモーキー山脈国立公園

アメリカの世界遺産であるグレート・スモーキー山脈国立公園は、アパラチア山脈を構成するブルー・リッジ山脈 の一部であるグレート・スモーキー山脈の稜線をまたいでいます。

東のノースカロライナ州と西のテネシー州の州境は、北東から南西へ、公園の中心線を通り、アパラチアン・トレイルも、メイン州からジョージア州までの道中で、公園の中心を横切っています。

面積は、2,110 km²で、米国東部で最も広い保護地域の一つとなっています。公園の標高は、250mから 2,000mに及び、標高差の大きさが、米国東部全体の緯度の変化を再現しています。

公園監理官は、200種以上の鳥類、60種の哺乳類、50種の魚類、39種の爬虫類、多くの無肺サンショウウオを含む43種の両生類を数えており、サンショウウオの世界の首都とも呼ばれています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す