大地溝帯にあるケニアの湖沼群



大地溝帯にあるケニアの湖沼群

大地溝帯(グレートリフトバレー)にあるケニアの湖沼群は、2011年に登録された世界遺産で、大地溝帯(グレートリフトバレー)はアフリカ大陸を縦断する巨大な谷のことです。ケニアでは、ボゴリア湖、ナクル湖、エレメンタイタ湖という比較的浅い3つの連結した湖を含み、広さは32,034haに及びます。

この場所は、100種を超える渡り鳥の繁殖地・休息地であり、13の鳥類の絶滅危惧種の生息地でもあるという世界屈指の野鳥の楽園です。さらに150万羽を超えるコフラミンゴが狩りをし、モモイロペリカンが巣をつくり繁殖をする場所として非常に貴重です。
また、クロサイ、ライオン、チーターなど、数多くの哺乳類が生息しており、生態系の研究と生態系の変遷を検証する場としても非常に価値があります。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す