グラーツ市街 – 歴史地区とエッゲンベルク城



グラーツ市街 – 歴史地区とエッゲンベルク城

オーストリアにおいて、大規模な都市の一つとして知られているグラーツは、その歴史的・文化的価値を認められて、1999年に世界遺産として登録されました。当初は、グラーツの歴史地区のみが世界遺産に登録されていましたが、2010年になって「エッゲンベルク城」も世界遺産に認定されました。そのため、現在では、この世界遺産は、「グラーツ市街 歴史地区とエッゲンベルク城」という名称で呼ばれています。

グラーツは、かつて栄華を極めた、かのハプスブルク家によって発展を遂げたことで知られており、歴代の「神聖ローマ皇帝」も輩出しているなど、オーストリアの歴史と非常に深い関係を持っている場所です。そうした、この地とハプスブルク家とのつながりは、「フリードリヒ3世」が城を建造したことに始まると言われています。

今でも、この街には、数々の歴史的建造物が残されていますが、それに加えて、芸術や文化の中心地としても機能していることで知られています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す