グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区



グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区はスペインのグラナダにある世界遺産。1984年に登録されています。首都がグラナダであったナスル朝は、イベリア半島で最後まで残存したイスラム勢力。登録名からわかるようにこの世界遺産には、「グラダナのアルハンブラ宮殿」、「王族のための夏用の離宮であるヘネラリーフェ」、そして、「グラナダ市内でもっとも古い地区とされるアルバイシン地区」で成り立っています。

アルハンブラ宮殿

アルハンブラ宮殿|グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区 (2)アルハンブラ宮殿は、キリスト教徒によるレコンキスタ(国土回復運動)によって覇権を奪われていったイスラムの王国が、丘の上に築いた宮殿です。イスラム最後の砦となったアルハンブラ宮殿は1492年キリスト教従軍に無血開城されました。

アルハンブラ宮殿は、スペイン・イスラム芸術の粋を集めた最高傑作のひとつでもあり、「イスラム建築の華」とも称されます。宮殿内部のアラベスク模様や、天井の鍾乳石による装飾などは、まさに絢爛で、見ごたえがあります。宮殿内ではライオンの中庭が有名です。

ヘネラリーフェ

ヘネラリーフェ離宮|グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区 (2)

ヘネラリーフェ離宮はアルハンブラ宮殿から徒歩で約10分ほどの丘を登ったところにあり、1319年に王族の夏の邸宅として造営されました。水の宮殿と称される離宮には、ネバダ山脈の雪解け水が引かれ、各庭園には、土地の高低差を利用して造られた池や水路、泉水が数多くあります。

アルバイシン地区

アルバイシン地区|グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区 (2)グラナダ最古の街並みが残るアルバイシン地区は、アルハンブラ宮殿からダロ川を挟んだ対岸に位置するエリア。城塞都市として発展し、かつてはアラブ人の居住区でした。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す