オーストラリアのゴンドワナ多雨林群



オーストラリアのゴンドワナ多雨林群

オーストラリアのゴンドワナ多雨林群はケアンズのあるクイーンズランド州からシドニーのあるニューサウスウェールズ州までにまたがる自然保護地域の総称です。34の自然保護地域が含まれるこの自然遺産は、200万人を超える旅行者が訪れるものの、希少な植物と動物に恵まれています。

スプリングブルック国立公園

オーストラリアのゴンドワナ多雨林群の総面積は36万6455haに及び、中には、クイーンズランド州はミラミラの滝で有名なスプリングブルック国立公園があります。

ラミントン国立公園

オーストラリアのゴンドワナ多雨林群 ラミントン国立公園 土ほたる

©Gold Coast Travel Centre

日本人に人気の観光地パネロラパークの近くに位置していて、『天空の城ラピュタ』に登場する『飛行石』のモチーフになったといわれる土ホタル(グローワーム)を見ることができる、ラミントン国立公園も含まれています

本来それぞれ別の亜熱帯、乾燥、温帯、寒帯の気候帯に分かれる植物が共存する世界的にも珍しいエリアとなっています。その植物を眺めるためにツリー・トップ・ウォークやゴンドラなどで訪れる観光客を楽しませてくれます。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す