ガダミス旧市街



ガダミス旧市街

ガダミスは、アルジェリアやチュニジアの国境にも近い、トリポリの約600km南西に位置するリビアのオアシス都市です。オアシスには、7000人ものトゥアレグ(ベルベル人系の遊牧民)が住んでいます。

町の中でも、古くからある壁に囲まれた区域は、ガダミス旧市街として世界遺産に登録されています。この区画には7つの氏族が住み、それぞれの縄張りを持っていますが、祭りに使う共有地は設定されています。

1970年代に、政府は旧市街の外側に住宅地を作りましたが、夏の間には、住民たちは避暑に優れている旧市街に戻って暮らしています。ガダミスの記録は古代ローマ時代にしか遡れません。

当時の名称はキュダムスで、この時期には町には軍隊が駐留することがありました。19世紀まで、サハラ交易において重要な役割を果たしました。

危機遺産リストへ

2016年の第40回世界遺産委員会において、「ガダミス旧市街」を含むリビアの全世界遺産が危機遺産リストに加えられました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す