ジェノヴァのレ・ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ制度



ジェノヴァのレ・ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ制度

イタリアのジェノヴァには、「新しい街路群」を意味する16世紀に整備されたストラーデ・ヌオーヴェと、それ以降の時代に出来た二つの街路があります。ジェノヴァの大通りの一つであるガリバルディ通りには「パラッツィ・デイ・ロッリ」、かつてのジェノヴァ共和国時代の迎賓館目録に掲載されていた数多くの宮殿が今も残されています。

ガリバルディ通りはジェノヴァの商業的な中心地に近い16世紀の邸宅群が並んでおり、スタール夫人はこの通りを「王たちの通り」と呼ぶに相応しいとしました。ジェノヴァの画家であるアンドレア・セミノとオッターヴィオ・セミノの名画『サビーニ人の略奪』を所蔵するパラッツォ・パラヴィチーニ・カンビャーゾ、ジェノヴァのドージェであったスピノラ家のため1563年に設計されたパラッツォ・ドリアなどが並んでいます。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す