原爆ドーム(広島平和記念碑)

原爆ドーム(広島平和記念碑)

原爆ドームである広島平和記念碑は、1992年9月に世界遺産として認定されました。1945年8月6日午前8時15分に、アメリカ軍によって世界で初めて使われた核兵器、原子爆弾が広島に投下されました。原爆ドームは、ほぼ被爆した現状のままで保存されています。

当時は悲惨な出来事を象徴するものだという考え方と、記念のものとして保存するべきだという考え方がありました。
ですが、日本で起きてしまった原発投下、被爆を体験した人、その肉親などの惨劇を世界に知ってもらうには必要だと、保存する意識が高まりました。

現代になっても原爆ドームが保存されていることによって、戦争を知らない世代に被爆した日本の悲劇を知ってもらえるようになりました。

関連記事

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産