ガランバ国立公園



ガランバ国立公園

ガランバ国立公園は、コンゴ民主共和国北東部の、スーダン国境近くに広がる国立公園です。ガランバ川一帯を含む国立公園で、1938年に創設されました。キタシロサイの保護区として知られ、1980年にはユネスコの世界遺産にも登録されています。

しかし、密猟の横行などによってキタシロサイは激減し、世界遺産からの抹消も検討されたことがあるなど、危機的な状況にさらされている国立公園です。

この国立公園の動物相の中で最も特徴的なのが、シロサイの亜種キタシロサイで、この亜種はもともとコンゴ民主共和国やその近隣など、限られた地域にしか生息していませんでした。密猟により、絶滅危惧種に指定されています。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す