photo credit: CIMG1016 via photopin (license)

フライ・ベントスの文化的産業景観



世界遺産 フライ・ベントスの文化的産業景観

フライ・ベントスの文化的産業景観は2015年ドイツのボンで開催された第39回世界遺産委員会において新規登録が認められたウルグアイの世界文化遺産です。

フライ・ベントスの文化的産業景観は、南米ウルグアイ西部のリオ・ネグロ県に位置し、1859年に創設された食肉加工工場を中心に発展した、産業建築物群で構成されています。

photo credit: CIMG1010 via photopin (license)

photo credit: CIMG1010 via photopin (license)

買い付けから加工・梱包・配送までの、食肉加工のすべてのプロセスが含まれており、1865年以降牛肉エキスブイヨンやコーンビーフをヨーロッパ市場に輸出してきた食肉加工会社や、1924年以降冷凍肉を輸出してきた食肉加工会社の、建築物や設備が含まれています。

ウルグアイ川に面したロケーションと、これらの産業建築・住居・社会施設は、グローバルに展開する食肉生産のプロセス全体を伝えるものです。

フライ・ベントスの景観が産業と密接に結びついていることや、食肉の輸出や55か国からの移民労働者の受け入れといった国際的な結びつきが評価されています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す