フレーザー島



フレーザー島

フレーザー島はオーストラリアにある世界遺産で、世界で最も大きな砂島でもあります。全長120km、総面積18万4000ha。この島のほぼ全域がグレート・サンディ国立公園という国立公園に指定されています。70万年かけて島は成長し続けてきました。標高200mの砂丘の上の熱帯雨林は、世界中でもここでしか見ることができない貴重な大木群でもあります。また、先住民アボリジニが5000年以上も前に利用していた貝塚、漁具、生活の跡が残る樹木、野営地を見学することもできます。繁殖と子育てのためにやって来るザトウクジラをホエールウオッチングすることもできます。
フレーザー島のビーチは高速道路や飛行機の滑走路としても使われています。

フレーザー島の観光スポット、難破船マヘノ号

世界遺産・フレーザー島
フレーザー島の浜辺には難破船マヘノ号の残骸が打ち上げられています。マヘノ号はもともと観光船でしたが、第一次世界大戦には病院船にも使われた船で、フレーザー島の観光スポットとして知られています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す