ファウンテンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園



ファウンテンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園

ファウンテンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園は、イギリス北部のノースヨークシャ州にある世界遺産です。スタッドリー王立公園内には、修道院跡をはじめ多くの歴史的な建築物があります。

ノルマン・ロマネスク様式のファウンテンズ修道院は、1132年、ベネディクト会修道士たちによって創設されました。彼らは後にシトー会士になります。ファウンテンズ修道院の大部分は、天井が抜けて壁だけしか残っておらず廃墟となっています。実は公園内で最古の無償の建物というのが、修道院の粉挽き場なんです。

庭園が造られた18世紀のイギリスでは、庭園の中に風景の自然な美しさを入れようとする風潮がありました。公園内のスタットリー王立ウォーターガーデンが造園されたのはこの時代です。ウォーターガーデンは現存する中では最も状態がよく、今も風光明媚な景観を楽しむことができます。

セント・メアリー教会は後期ビクトリア朝様式の教会です。教会は500頭のシカがいる、中世からの鹿公園内にあります。王家の邸宅がありましたが、現在は馬小屋だけが残り、個人の邸宅となっています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付できます。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す