フォース鉄道橋



フォース鉄道橋

フォース鉄道橋は2015年ドイツのボンで開催された第39回世界遺産委員会において新規登録が認められたイギリス・スコットランドの世界文化遺産です。

スコトランドのエディンバラ郊外のフォース川河口付近にかかるフォース鉄道橋は、全長2530mの世界で最も長いカンチレバートラス橋(支間距離が比較的長い橋に用いられる方式)です。

世界遺産 フォース鉄道橋 (1)

別名「鋼の恐竜」とも呼ばれるフォース鉄道橋は5万5千トンもの鉄を使っており、桁部分の満潮時の海面からの高さが46mあります。

1890年に開通されて以来現在まで乗客や貨物を運び続けており、その優れた造形美は、建築構成物をそのまま装飾なしで残しているためです。

フォース鉄道橋は、構造・材質・規模の点で革新的であり、鉄道が唯一の長距離移動手段であった時代の、橋梁設計・建設の発展において画期的なものでした。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

 

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す