フォントネーのシトー会修道院

フォントネーのシトー会修道院

フォントネーのシトー会修道院はフランス中東部ブルゴーニュ地方の森にある世界遺産で、シトー会最古の修道院であるフォントネー修道院を指しています。「白衣の修道士の館」は、フランス革命後に、製紙工場になるなど歴史の荒波を体験しましたが、20世紀に入り、民間の手によって修復され、シトー会修道院の精神を伝える最古の建築として公開されました。祈りと労働と瞑想の日々が繰り返された、簡素な修道院なのです。

関連記事

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産