フィレンツェ歴史地区



フィレンツェ歴史地区はその名の通り、イタリアはフィレンツェにある世界遺産。1982年に登録されました。フィレンツェの街は15~16世紀にかけてメディチ家庇護のもと、経済・文化的に繁栄し、ルネッサンスの中心地となり、その芸術を今でも見ることができます。

フィレンツェには歴史的建造物が多くあり、ボッティチェリ、ミケランジェロといった名だたる芸術家たちによる貴重な名作が数多く残されています。

フィレンツェの芸術振興・保護活動の精神は今なお健在であり、「屋根のない博物館」と言われるほど、街全体の芸術性が高いことで有名です。至るところで、歴史的建造物や美術品の数々が、街を飾り、街の語源となった花の女神フローラの街にふさわしい華麗な印象を訪れた人に与えます。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 イタリアの世界遺産

フィレンツェと言ったらココ!この街のシンボル、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂は、フィレンツェの大司教座聖堂。ドゥオーモ(大聖堂)、サン・ジョヴァンニ洗礼堂 、ジョットの鐘楼の三つの建築物で構成されます。

▲目次に戻る

ウフィツィ美術館

ウフィツィ美術館|フィレンツェの歴史地区

フィレンツェ歴史地区において、ルネサンス絵画の一大宝庫となっているのがウフィツィ美術館。ルネサンス絵画の至宝、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」や同じくボッティチェリの「春」など、ルネサンスを代表する芸術家たちの作品が数多く所蔵、展示されています。

▲目次に戻る

ヴェッキオ橋(ポンテ・ヴェッキオ)

ヴェッキオ橋(ポンテ・ヴェッキオ)|フィレンツェ歴史地区 (3)フィレンツェの街を流れるアルノ川に架かるヴェッキオ橋(ポンテ・ヴェッキオ)は、フィレンツェ最古の橋のため「ヴェッキオ(古い)橋」の名前がつきました。当初、橋の上には肉屋や青果店などが並んでいましたが、現在では宝飾品を扱う店があり多くの観光客で賑わっていています。

▲目次に戻る

ヴェッキオ宮殿

photo credit: DSC_6773 via photopin (license)

photo credit: DSC_6773 via photopin (license)

ヴェッキオ宮殿は、シニョーリア広場に面し、ウフィツィ美術館に隣接しています。1299年から1314年にかけてアルノルフォ・ディ・カンビオによって建設されたゴシック様式の建物で、高さ94mの鐘楼「アルノルフォの塔」がシンボルになっています。

▲目次に戻る

ピッティ宮殿

ピッティ宮殿|フィレンツェ歴史地区
ピッティ宮殿は、トスカーナ大公の宮殿として使用されたルネサンス様式の広大な宮殿です。アルノ川の西岸にあり、ウフィツィ美術館とはヴァザーリの回廊で結ばれています。

▲目次に戻る

 サンタ・クローチェ聖堂

サンタ・クローチェ聖堂|フィレンツェ歴史地区 (1)

言い伝えによれば、サンタ・クローチェ聖堂はアッシジのフランチェスコ自身によって建てられました。サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂から南東800mのところにあり、元々は市の城壁の外側にある湿地帯でした。

▲目次に戻る

 サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会は元々9世紀ごろからここにあったサンタ・マリア・ヴィーニ礼拝堂を起源としています。その後、1211年にドメニコ会の修道士が新たな教会を建てることにしました。

▲目次に戻る

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

  1. 2016/09/02

    […] フィレンツェ歴史地区|イタリア 文化遺産|世界遺産オンラインガイド […]

  2. 2016/09/04

    […] フィレンツェ歴史地区|イタリア 文化遺産|世界遺産オンラインガイド […]

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付できます。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す