カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ

メキシコの世界遺産「カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ」は、アメリカ・ニューメキシコ州のサン・ファン・プエブロからメキシコの首都であるメキシコシティまで続く約2,560キロメートルの道路です。メキシコ領内のみ世界遺産になっています。

1598年から1882年までの間、陸上交易の通路として使用されてきました。アメリカ内の延長距離は646キロメートルで、ナショナル・ヒストリック・トレイルに指定されています。

300年の間この道路で運ばれていたのは、サカテカスグアナフアトサン・ルイス・ポトシで採掘された銀でした。また、ヨーロッパからは水銀が輸入され、メキシコの鉱山に運ばれていきました。

この道路が最盛期を迎えた16世紀はコロンブスが新大陸を発見し、「大航海時代」が始まりを告げた時代です。メキシコはスペインの植民地となり、そこから産出される「銀」が、スペイン繁栄の礎を作ることになり、カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロは、それを届けた重要な道路でした。

キーワード

コメントを書く

  1. 神保マオ より:

    世界遺産名が間違っています。
    「エル」は不要です。

    • 世界遺産オンラインガイド より:

      該当箇所を修正させていただきました。
      ご指摘いただきありがとうございます。

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産