世界遺産 東レンネル

©Famous Destinations and Attractions

東レンネル



東レンネル

東レンネルはソロモン諸島の一番南にあるレンネル島の一部で、1998年、世界遺産に登録されました。

レンネル島は環状珊瑚礁が隆起してできた世界最大の珊瑚島でもあります。島の面積の約2割を太平洋地域で最大級の汽水湖・テガノ湖が占めています。高温多湿地域で、ほとんどが樹高平均20mの密林に覆われています。そのため、ここの生き物たちは独自の生態系を作り出しました。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す