ドゥッガ/トゥッガ



ドゥッガ/トゥッガ

北アフリカ・チュニジアの首都チュニスから南西へ100km、小麦畑とオリーブ畑に囲まれた標高600mの丘の上にドゥッガの古代ローマ遺跡はあります。ドゥッガはかつて、ローマに送る農産物の集積地として発展し、3世紀には約5000人が暮らす町でした。

城壁に囲まれたベルベル人の村であり、ドゥッガは「牧場」を意味しています。7世紀にイスラム教徒が侵攻し、町は破壊されてしまうも、人々はその後1000年以上にわたって、この地で農業を営んできました。イスラム化された町の公共建造物や裕福な家の床は、美しいモザイク画が残り、現在はチュニジアの伝統工芸として受け継がれています。
その他、古代劇場、神殿、廟などが残されています。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す