ディヴリーイの大モスクと病院



ディヴリーイの大モスクと病院

ディヴリーイの大モスクと病院はトルコの世界遺産で、ディヴリーイは12~13世紀のルーム・セルジューク朝時代に栄えました。現在はひなびた山間ですが、精緻な装飾を誇る大モスクと病院が保存されています。イスラム教徒であったルーム・セルジューク朝の人びとは、アナトリア地方の伝統を活かしながら新しい建築様式を発展させました。その中でも、ディヴリーイに残る大モスクとそれに付随する病院は代表的な建物です。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す