ディルイーヤのツライフ地区



ディルイーヤのツライフ地区

ディルイーヤ は、サウジアラビアの首都リヤド郊外に位置する都市です。かつてはサウジアラビアの王族サウード家の本拠地で、1744年から1818年には第一次サウード王国の首都でした。

ワッハーブ運動の拠点となる都市でもあったディルイーヤには、第一次サウード王国時代の都市遺跡が多く残り、その中心だったツライフ(トライフ)地区は、2010年にユネスコの世界遺産に登録されました。

第一次サウード王国滅亡後はながらく廃墟となりましたが、現在はリヤード州に属し、ウヤイナ、ジュバイラ 、アル=アンマリーヤなどを含むディルイーヤ行政区の政庁所在地となっています。

ヤークート・アル=ハマウィー、アブー・ムハンマド・アル=ハマダーニーによって言及されていた古代の集落「ガブラ」に同定されることはあるものの、ディルイーヤそのものの歴史は、15世紀から始まります。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す