サンタ・アナ・デ・ロス・リオス・デ・クエンカの歴史地区



サンタ・アナ・デ・ロス・リオス・デ・クエンカの歴史地区

クエンカは、エクアドル中南部にある都市で、標高は約2,600m。アンデス山脈中の谷に位置します。正式名称は、サンタ・アナ・デ・ロス・クアトロ・リオス・デ・クエンカです。街の歴史的な状態がよく保存されているため、ユネスコの世界遺産に登録されました。

クエンカは、1557年、スペインの植民都市としてヒル・ラミレス・ダヴァロスによって建設されました。名前もスペインにもあるクエンカに由来します。植民地時代の面影を残すアブドン・カルデロン広場、碁盤目状の街路、サン・フランシスコ教会などが美しい町並みをつくっている。

この地にはカニャーリ人による都市グアポンデレグが500年ごろに建てられました。スペイン人が到達する50年ほど前に、カニャーリ人はインカ帝国に征服され、トゥパック・インカ・ユパンキはクスコに匹敵する都市の建設を命じたが、スペイン人に征服されたときはすでに廃墟となっていました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す