コロとその港



コロとその港

コロは、ベネズエラの北西部にある町で、カリブ海に面しているベネズエラ最古の植民都市です。コロと言う名前は先住民の言葉で、『風』を意味します。ここは1993年コロとその港という名で世界遺産に登録されました。

この街は、16世紀はじめに、スペイン国王から開拓権を借り受けたドイツ人が築き、中南米の植民地の中でもユニークな歴史を持っています。1527年にスペイン人が入植し、初期の植民都市になりました。

その後は、スペイン国王であったカルロス1世から開拓権利を購入した、ドイツ商人ヴェルザー家の支配することになり、一時は砂糖貿易の拠点として繁栄していましたが、貿易港としての機能は他の南米都市には及びませんでした。

また天災よる災害の発生や、カリブ海の海賊の襲撃を度々受け徐々に衰退。現在は、小さな漁港の町として細々と残っています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す