コルドバのイエズス会伝道所とエスタンシア群

コルドバのイエズス会伝道所とエスタンシア群

コルドバのイエズス会伝道所とエスタンシア群はアルゼンチンにあるかつてのイエズス会が入植の際に建造したコルドバにある集落跡です。このイエズス会伝道所には、南米最古の大学の一つであるコルドバ大学、モンセラ中等学校、教会、住居などが含まれています。

これらの施設の運営を維持するためにイエズス会は周辺に、

  • カロヤ
  • ヘスス・マリーア
  • サンタ・カタリーナ
  • アルタ・グラシア
  • カンデラリア
  • サン・イグナシオ

の6つの農園を運営しました。農村とその関連施設は1615年に始動し、1767年イエズス会の撤退まで続き、その後イエズス会がアメリカ大陸に戻る1853年まではフランシスコ会によって運営がなされました。

コルドバ大学とモンセラ中等学校は現在は国立化されています。

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産