世界遺産 コパンのマヤ遺跡

©Human and Natural

コパンのマヤ遺跡

コパンのマヤ遺跡

コパンのマヤ遺跡はホンジュラスにある世界遺産で、ホンジャラス最西部、コパンの盆地にある古代マヤ文明の遺跡でもあります。紀元前1000年頃から人間が住むようになり、海抜約640mの盆地に流れるコパン川北岸に都市国家が築かれて、7~8世紀には最盛期を迎えました。その最盛期には、総面積24平方キロメートルの王国に3万人が暮らしていました。

「祭壇Q」が残るアクロポリス、72段の階段に2200以上にも及ぶマヤ文字が刻まれた「碑文の階段」、「球戯場」などが残されています。

関連記事

この世界遺産をシェアする

 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す